強さの秘密

アウェーで島根スサノオマジックとの試合がありました。

1試合目34点差、2試合目29点差と大差をつけての勝利。

特に2試合目は、前半28ー40と12点ビハインドで折り返すも、後半は51ー10と完全に相手を圧倒。

ベンチから試合を見る時間が長かった中で感じたことは、当たり前のことを徹底してやるだけなんだなということ。

アルバルク東京の強さは、タレントある選手達が、緻密に練られたチーム戦術の中で、個々の役割を徹底していることに尽きる。

偶然起こったようなスーパープレーは少なく、ディフェンスで相手の勢いを止め、オフェンスではチームの流れを大切にプレーする。

口で言うのは簡単だし、どのカテゴリーのチームでもそういう話はしてきたけど、これほど徹底を貫けるチームはないなと。

「簡単な試合はない。全てプレーオフゲームだ。」とルカHCは常々口にしている。こういう相手チームへのリスペクトもきっと強さの秘密の1つなのだろう。

この数週間、自分に何ができるかをもう一度自問自答してきた。

自分の強み、役割、目標、ゴール…。

マインドセットを見直して臨んだこの2試合、短いプレータイムの中でチームメイトの良さを引き出せる動きができたと思う。

シーズンは長い、バスケ選手としての道はまだまだ続く、そして人生は更に長い。

ゴールを見失わず、「自分ならできる」と常に強く信じて進んでいきます。

頑張れ、やまもん。